スパム登録の防御策

入力フォームへのスパム登録の防御策

2024-06-12

入力フォームへのスパム登録を防ぐためには、いくつかの効果的な対策を講じることができます。以下に、代表的な方法をいくつか紹介します。

1. CAPTCHAの導入

CAPTCHA(Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart)は、人間とボットを区別するためのテストです。

・reCAPTCHA:Googleが提供する無料のサービスで、画像選択やチェックボックスを使った簡単なテストがあります。

・hCaptcha:プライバシー重視のCAPTCHAサービスで、reCAPTCHAの代替として利用されます。

2. Eメール確認

登録後に確認メールを送信し、ユーザーがメール内のリンクをクリックして登録を完了する方法です。

・ダブルオプトイン:ユーザーが入力したメールアドレスが有効であることを確認するための標準的な方法です。

3. 登録フォームのフィールド数を増やす

スパムボットは通常、簡単なフォームにしか対応できないため、追加のフィールド(入力する項目数)を設けることでスパムを減らすことができます。

・非標準フィールド:例えば、選択式の質問や独自の認証コードを追加することが有効です。

4. Honeypot技術

Honeypot(ハニーポット)は、ユーザーには見えないフィールドをフォームに追加し、スパムボットがこれに入力するかどうかをチェックする方法です。

・CSSで非表示:CSSを使って特定のフィールドを隠し、ユーザーには見えないようにします。ボットがこのフィールドに入力するとスパムと判定します。

5. 制限付きIPアドレス

特定のIPアドレスやIPレンジからのアクセスを制限することで、スパム登録を減らすことができます。

・ブラックリストとホワイトリスト:既知のスパムIPアドレスをブラックリストに追加し、信頼できるIPアドレスをホワイトリストに追加します。

6. フォームのサーバーサイドバリデーション強化

入力データをサーバー側で厳密にチェックし、スパムと思われるデータをフィルタリングします。

・正規表現の使用:メールアドレスや電話番号などのフィールドに対して、正規表現を使ってフォーマットを厳密にチェックします。

7. 登録頻度の制限

同一IPアドレスや同一メールアドレスからの登録頻度を制限することで、スパムを減らすことができます。

・レートリミッティング:一定期間内に許可される登録回数を制限する技術です。

8. 登録できるメールアドレスの制限

入力フォームに登録できるメールアドレスやメールアドレスのドメインを制限して、スパム登録を防ぎます。

これらの対策を組み合わせることで、スパム登録を効果的に減らすことができます。特に、CAPTCHAやEメール確認は即効性があり、スパムを大幅に減らすことが期待できます。

参考1)スパム登とは?
参考2)スパム登録の目的



PAGE TOP

メール商人
資料請求
特別レポート
ネットde成幸道場



0120-560-726
受付時間:平日10:00-18:00

プライバシーマーク

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。




MENU

CONTACT
HOME