販売プロセスに沿ったメール配信

販売プロセスに沿ったメール配信

前回の講座に書いたように、メールをビジネスに上手に活用している企業は、様々な目的でメールを活用しています。

前回講座/ メール配信する意義

では、このようにいくつもの目的を実現するためには、実際にどのようにメール配信したらいいのでしょうか?  

このコツはいくつかありますが、次の点が大きなポイントとしてあげられます。

【メール配信のポイント】

(1)顧客心理にそった販売プロセスを設計し、プロセスに沿ってメール配信する。
(2)メール配信する際には、目的を再認識してコンテンツを考える。
(3)極力システム化して労力を削減し、ルーティンで配信できる仕組みを作る。
(4)ホームページやブログ、またリアルな営業活動などとの連動を心がける。


ここでのポイントは、自社の販売プロセスに沿って行うこと。またステップメールや日時指定による予約メール配信などで極力システム化して、労力を少なく配信できる仕組みを作るという点です。

因みに、一般的には次のような販売プロセスが想定されますから、このプロセスのどのタイミングでどのような内容のメールを配信したら効果的か? ということを考える必要があります。

process.jpg

上のフロー図は、考え方を図で現したものですから、実際に使用する販売プロセスはもっと自社の実態に即して細かく、リアルなものをつくる必要があります。

なお、販売プロセスは、業種業態や取扱商品によって異なりますし、同じ商品を扱っていても、かけられる人的リソースなどによっても変わってきます。

自社の実態にマッチした販売プロセスを作らないと「絵に書いた餅」になってしまいますから、よく実態を考えてプランニングする必要があります。

この販売プロセスには、取扱商品によって、電話や対面営業、紙によるDM発送、またセミナーや商品説明会といったリアルなプロセスも含みます。

作成したプロセスに沿って効果的にメール配信してください。

それでは、今回はここまで。

執筆: 神田良治
ネットで成幸する秘訣を公開 メルマガ「ネットde成幸道場」



PAGE TOP




 

株式会社イー・エム・ズィー

〒107-0052
東京都港区赤坂7-10-7
赤坂FSビル5階

TEL:03-3560-7275

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。




MENU

CONTACT
HOME