メールマーケティングのKPI改善 | メール商人

main-img

10/27(水)14:00~15:00

成果の「あがると、あがらない」の違いは?

テレワークの普及に伴いメールマーケティングに取り組まれる企業が増えてきました。

その成果をお聞きすると、成果を強く実感できている方がいらっしゃる一方で、成果をあまり実感できず取り組みを止めてしまったという方もいらっしゃいます。この違いはどの辺りにあるのでしょうか?

そのヒントになればと、さらに詳しくお聴きすると、成果をあげている方は、具体的に「これこれをしたら〇〇率の反応が高くなった」と具体的にお答えをされます。

一方で、成果をあげられない方は、最終ゴールである「申込・購入にいたらなかった」という点は把握されていますが、その要因を具体的にお答えできない傾向が強いようです。

メールマーケティングでおさえておくべきKPI(指標)

どんな取り組みもそうですが、何かの目的を達成するためには「Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)」のサイクルを回すことが必要です。このサイクルを回すにあたってメールマーケティングで問題となるのは、「なにをもってCheck(評価)するのか?」という点です。

Check(評価)にあたっては、アンケートなどによる定性的な声を集めることも参考になりますが、実際のところ定性的なデータを数多く集めるのは困難です。全体傾向をつかむには、母数多く数値化された定量データ(指標)を参考にすることが肝要です!

ここで、参考になるのが本セミナーで取りあげるメールマーケティングにおけるKPI(重要業績評価指標)です。このKPIを定期的に把握し、改善策を施すことにより徐々に成果を高めていくことができます。

セミナー概要

今回のオンラインセミナーでは、「メールマーケティングを実践するあたって、おさえておくべきKPI(指標)と改善ポイント」を具体的にご説明します。

これまで、なんとなくメール配信していた方は、本セミナーでメールマーケティングのKPIを認識し、改善策に取り組むことにより、その成果を実感して頂ければと思います。

メールマーケティングKPIの見方
メールマーケティングKPIの改善策
その他 関連事項

こんな方にお勧め!

  • ・メールマーケティングに取り組んではいるが、思うような成果が実感できない方
    ・メールマーケティングで、何をもって成否を判断したらいいかイメージできない方
    ・メールマーケティングKPIの改善方法を知りたい方
  • 講師紹介

    株式会社イー・エム・ズィー
    IT事業部執行責任者 神田良治

    新卒でリクルートに入社し、制作、営業などの職務を経験。その後、ERPソフトベンダーにて営業責任者として従事。職務経験からマーケティングの必要性を痛感し、2001年よりITソリューション企業イーエムズィーの創業期に入社。メール配信システム「メール商人」、CMS「ウェブ商人」などの企画・運営に携わる。 WACA認定:上級ウェブ解析士

    セミナータイトル メールマーケティングのKPI ~メール配信の効果を高めるポイント~
    開催日時 10月27日(水) 14:00~15:00
    タイムテーブル 講演/45分
    質疑応答/5~15分
    参加費 無料
    開催形式 Zoomによるオンラインセミナー (※受講前にZoomアプリをインストール下さい)
    お申し込み お申し込み

    PAGE TOP




    0120-560-726
    受付時間:平日10:00-18:00

    プライバシーマーク

    掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
    コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。




    MENU

    CONTACT
    HOME