販売プロセスを設計の秘訣とメールの活用

新教材/商品特長と顧客像をクリアにし販売プロセスを設計する秘訣

2013-10-22

webマーケティングを実践する上で取り組むべき施策は山のようにあります。

SEO、PPC広告、アフィリエイトなどの集客施策からはじまり、メルマガ・ステップメールなどメール配信システを活用した顧客との関係性づくりや、ブログによるブランディング。

また最近はYouTube、USTREAMなどの動画マーケティングや、Twitter、facebookなどのソーシャルメディア、またスマートフォンなどのモバイルデバイス活用など・・

これらの施策はどれひとつとっても、それなりの労力とコストがかかります。

最近、これらの施策に取り組んではいるが、忙しくなるばかりで成果を実感できない、という声をお聞きすることが多くなりました。

皆さんはいかがでしょうか?
取り組んだ成果を実感できていますか?

もし労力をかけている割に成果を実感できていないようでしたら、原因はどこにあるのでしょうか?

いろいろと要因は考えられますが、大きな要因としては次の2つ考えられます。

1つは取扱商品の特徴と顧客像が明確になっていないで、結果として的外れな施策になっているケース。

そして、もう一つは販売プロセスがラインとしてつながっておらず、ぶつ切れ状態でプロセスを回してしまっているケース。

販売プロセスは工場の生産ラインと同じで、一定の歩留まりを前提にラインとして繋がっていないと、不良在庫の山を築くことになります。

また各プロセスをライン化する上で、Mailは重要な役割をもちますが、適切に配信できていないケースも要因として多いようです。

本教材では、最適な販売プロセスの設計法と、設計したプロセスを円滑に回す方法、またその際の配信システムの活用法を詳細にレポートしています。

本教材を活用して、ぜひ自社にとっての最適な販売プロセスを設計して実践して頂きたいと思います。

本教材の詳細はこちらからどうぞ!
プロセスに沿ったメール配信


PAGE TOP



株式会社イー・エム・ズィー

〒107-0052
東京都港区赤坂7-10-7
赤坂FSビル5階

TEL:03-3560-7275

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。




MENU

CONTACT
HOME